山の上のガーデンブログ

多肉・球根・山野草。お山の上で植物たちと一緒に過ごすつれづれブログ。

マッソニアとへんてこオキザリス。

折角の週1のお休みなのに雨…


畑も耕しに行けないので、こんな日は師匠のハウスで多肉を眺めるに限りますわ。
秋になると、月2くらいでいくと行くたびに違う冬型球根が入れ代わり立ち代わり開花していて楽しめます~
お高いのは買えませんから、眺めるだけですが。


その中から2種類、小球根をお買い上げ。
相変わらず、他肉屋で多肉を買わない…


一つは、ずっと気になっていたマッソニア。

マッソニア・デプレッサです。
出だしの葉なので、赤紫の縁取りがきれい~!
だんだん、緑になっていくんですが。
デプレッサって葉がぶつぶつしてるイメージだったけどツルっとしてるタイプなのかしら。
なんにせよつぼみが大きくなってきてて開花が楽しみです!
茎は伸びずに地面から直接咲くような変わった咲き方の白い花です。


もうひとつはオキザリス・コンべスクラ。

ひょろっと伸びた茎から放射状に肉厚の葉が広がります
環境が合えばこぼれ種でどんどん増えるので、師匠からは雑草扱いされていましたが…


鉢に小さい芽がたくさん出ていたのはいくつか分けて植えなおしました。
オキザリスは、園芸店では出回らず多肉専門店で扱われる種類も多いので最近気になるところです!
花も可愛く、葉っぱが特徴的なのを集めたいという野望です。


最後の新入りは師匠のハウスからではないですが、アトミーに続き、2個目のロスラリア、プラティフェラ。


日当たりが微妙な売り場に置いてあったので、ちょっと伸び始めていますが・・・
ハウスでよく日に当ててびしっと締まった株にしてあげましょー。
小さなロゼットがたくさん群生していくのが魅力です。


しかし成長の遅さもアトミー並みなら、鉢いっぱいになるのにちょっとかかりそうですが。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。